ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひよっこ。からの一行からの一考。 | main | 楽しいぐるぐるデー。 >>
2017.08.10 Thursday

迷子の恋と両成敗。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                            さいとうゆき

 

 

 

 

 

 

昔、誰が好きだったかを話していて

私は、斉藤由貴が好きだったな

そして、【白い炎】が初めて人前で歌った歌の気がする

(ちょっと似せて歌えるんです。ウフ)

という事を思い出し、「いい曲だったよなぁ」と、

改めて聴いてみたのです。

 

迷子の恋を抱きしめて彷徨い歩く墨絵の街。

あなたと彼女、バスを待つ

その時街は色を失くした・・・・

 

そうか!墨絵の街の意味が今頃分かったのでした。

 

2人の姿を目にした時

この世から色が無くなる瞬間が

頭の中に映像がブワーーーッっと浮かんで

 

なんて感覚を刺激する詞と曲なんだろうと

思わず検索をしてしまったところ

作詞:森雪之丞 作曲 :玉置浩二 とあり

またもやうわぁぁと思ってしまいました。

 

【卒業】では、

もっと悲しい瞬間の為に泣かない女の子

机にイニシャルを彫るあなたに

思い出を刻むのは心だけにしてという女の子

 

入場の時点で、泣いている私と

イニシャルを彫ってしまいそうな私とは

真逆にいる大人っぽい女の子です。

 

このコは、おそらく単独行動を躊躇なくできるような

そんなコだったことでしょう。

 

オタク男子集団を面白がって

四コマ漫画にしたり

教科書の角でパラパラ漫画を描いていた私

いつも転んでばかりで、保健室で消毒をして貰い

階段から転げ落ちる私とは

真逆にいる女の子です。

 

ああああ・・・自分の幼稚さを通り越し、

まるで中二男子みたいな過去を思い出し

ううう・・・と、なりますが

それはそれで、愛すべき学生時代のアホなユリア。。

 

 

さて、そんな斉藤さんは、

アイドルとして作られたイメージを壊さない

ミステリアスなままのイメージを保ち続けています。

保っているのではなく、そのままなのだなと

 

昨今の話題で、改めて思った次第です。

 

それにしても、3度目の・・なんて

全然知りませんでした。

「濃い顔が好きなのか・・・自分も濃いのに・・」などと思いつつ

 

復帰?した頃の、少々残念に思った佇まいから

みるみるもとに戻って、完全にもとに戻った!!感に

世の女性たちは、「なるほど、そういうワケで・・」と、

納得をしたものかと思います。

 

会見の様子をチラ見しましたが、

なんとも「うーむ」と、納得してしまう理由

「友人同士で手なんてつながない」と、言い切るコメンテーターが

艶の無い枯れ木にすら思えるほどでした。

 

彼女は、女優。

魅力的でなけれは必要とされない世界の人。

その辺のお隣の奥さんではないので

 

久々に【魔性の女の人】って感じを見られて

私はなんだかとても幸福な気持ちになりました。

 

好感度の高い女優ばかりで、

なんともつまらない。

私生活など一切見せない位の昔の女優さんの方が

ずっと素敵だったなと思うのでした。

 

そして、年上の斉藤さん位の女性が「美しくなる」ことが

そうか、可能なことなんだ・・・と、

それには、お金とかアンチエイジング対策だけではない

心の問題が作用するという不思議な素敵さを

見せて貰った気がします。

 

きっとそれは、真実は本人にしか分からない

神秘的な秘め事を持てるかどうかなのだと

漠然と思ったりします。

 

数十年の時を超え

改めて好きになりました。

 

 

 

 

*************************

 

そんな話のほんの一部を友人にLINEしましたら

友人は、映画に関する仕事をしていて

9月公開の「三度目の殺人」の監督の取材をしたばかりで

斉藤さんは、その時代のミューズ的存在だった話を

していたとのことを教えてくれました。

 

「三度目の・・・?」

 

もしや、今回の「三度目の・・・」は、

なんらかのプロローグ??なんて思ったりして、

是非、映画を観に行こうと思います。

 

そうだ、この映画「真実は本人のみ知る」的な

感じらしいです。

 

 

 

 

 

            yuki

 

 

 

 

因みに私の【ポニーテールが似合う人ランキング】

昭和の第一位は、斉藤由貴

平成の第一位は、棚橋弘至

 

です。

 

 

 

                両成敗

 

 

 

【白い炎】の歌詞の

 

 自分勝手な女の子ですか

 あなたが好きです

 

好きになる感情には、勝手もないも無いわけで

 

【両成敗でいいじゃない】の

 

 好きになった方がいいじゃない

 好きにならなくても

 両成敗でいいじゃない

 

 

うん、色んなことの色んなイロイロの多くは

両成敗なんじゃないかと思ったりします。

 

 頭の半分優しいところで話をしよう

 そうだ僕も君も負けだ

 

って所が、とっても好きです。

 

色んなことの色んなイロイロを

半分の優しい部分で話しあえるかどうかが

 

その人の器を試されることな気がします。

 

 

 

おわり。

読んでくれてありがとう!

 

 

 

             

 

 

 

 

2017.08.20 Sunday

スポンサーサイト

design : ハラダリョウ