ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2018.02.22 Thursday

メイクは勇気をくれる魔法だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

朝、エレベーターでご一緒した

おばあちゃまが

 

「寒いですねぇ」と、声を掛けてくれて

 

「本当に、ここ数日。家の暖房も一番高くしないと

 26度では寒くて・・」

 

「私も。先日娘が来て、こんなに暑くしているの?と、

 言われたの」

 

「わかります。でも寒いよりいいですよね」

 

「朝、忙しいのに、ゴミ捨て大変ね」

 

「いえいえ」

 

エレベーターが到着。

 

「ありがとう。。では失礼します」

 

笑顔でお出かけされていきました。

 

「こちらこそ」

 

 

上から下への30秒間の会話です。

 

ありがとうと言うのは、話に付き合ってくれて

と、言う意味でしょうか。

 

とても気持ちの良い朝のご挨拶でした。

 

このおばあちゃまを、婆ちゃんと呼べるのは

お孫さんの愛情のあるそれだけで

 

おばあちゃま や、ご婦人と称した方が

似合う女性でした。

 

女性を【若いコ】と【オバちゃん】という

個人的な常識論で、くくる人が苦手です。

それは、何気に自分以外の人をも傷つけることに

気づかない鈍感さが。

 

人は外見を整えることも大切だけれど、

それ以上に垣間見れる中身が滲み出ての

外見と言うもの。

 

昔、職場でご一緒だった

上品でスミレのお花みたいなご婦人を

誰も【オバちゃん】扱いなどする人もおらず

そんな言葉すら出てきもしなかった。

 

彼女の事を思い出すと、きゅんとして

会いたいなって思ってしまいます。

きっと、今朝のおばあちゃまみたいに

いつかなられるんだろうな。

 

せっかく、今世女性に生まれたのだから

どんなお花でも最後までお花でいられたら

素敵だなと思います。

 

いつも思います。

理想論だとも思うのですが、

女性が女性の足をひっぱってはいけないと。

 

それもまた、女性特有の感情なのだろうけれど。

 

複雑な感情のもつれだろうけれど、

結論は簡単なのでは。。。

 

自信を持てる自分でいるよう心掛ける事では

ないでしょうか。

 

 

 

 

 

2018.02.22 Thursday

美と健康。

 

 

 

 

 

 

        

 

 

 

 

年に一度の体重測定・・じゃなくて健康診断が

終わりました。

 

去年は、1月だったので

年末年始のツケをなんとかしようと

【17時までダイエット】をして、

私にしてはのお腹ペタンコの薄い身体に成功したものの

 

今年は、余裕の2月末とあり

ついでにサウナで元気、食欲増進生活をしてたり

甘いモノも頻繁に食べてしまっていたのでした。

 

5日前位から、友達が貸してくれた

【医者が教える 食事術】を読んで糖質制限しみたり

無駄な抵抗を試みたここんところでした。

 

 

 

           

 

 

         そば

 

 

ダメすぎる週末の食事例。

炭水化物×炭水化物・・・。

すっごい美味しいんだけど。

 

 

 

 

 

           食事

 

 

食事術を読んだ後。

こういう食事も好きなのですが、

面倒なときは面倒。

 

 

 

 

         

 

 

健康診断の朝の気温は、ブルブル寒く

昨日の17時からごはん食べてないせいか身体も冷え冷え。

 

健康診断をしてくれるセンターは、

受付から会計まで、いたる所にご案内の方がいらして

ベルトコンベアーの上みたいにどんどん流されていきます。

 

検査を着々と進む感じは、ゲームの様で楽しく

視力検査では、右目は「うむむ」てな感じでしたが

左目は「み、見える‼」と、0.8と1.5と

残念‼1.0を下回ってしまうも

日頃のお裁縫作業で鍛えてるだけありました。

(ありがとう!針と糸‼)

 

腹囲検査の待合室では、

お腹の蛙がケロロ・・と、鳴きましたが

この場にいる皆さんお腹ペコペコと思うと

あまり恥ずかしくもありませんでした。

 

腹囲は、「はい、息を吸って―吐いてー」で測定しますが、

こっそり息を吐き切らない・・という姑息な手段に成功。

去年よりもアレだけど。

 

血圧は、「し、死んでる‼」(この言葉面白くて好きなんですよ)

みたいな値を2度もたたき出し、

体質だし、いたって健康なんだけど

巡りの悪さをなんとかしなくてはなりません。

 

体重測定では

ウールの重いパンツ分が加算されてるのでは‼

と、悔やみました。

検査着のキュロットに着替えたら良かった!

 

そんなこんなで、お会計を済ませ

健康診断後のお楽しみ、大好きなア・プティ・パ へ。

 

 

 

           aputelipa

 

 

上の、お食事プレートを頂いた後に

米粉のガトーショコラを追加で。

 

72%のゴマをまぶしたチョコレートも

おまけで付けてくれました♪

 

静かで気持ちのよい空気と時間が流れていて

店長さんの食に対する真摯さや柔らかな雰囲気も

とても好きなお店です。

 

サウナもそうですが、自分を整えるための場所は

とっても大切。

 

食事術の本は、徹底したら大変だけど

良いと思う部分は、積極的に取り入れたいと思いました。

 

そして、食への欲求は、生きるパワーも

強くなる気がします。

気を付けた数日の間のスーパーでの買い物の時

なんていうか薄ーくなってる自分を感じました。

 

 

              aisutanto

 

 

別に健康なのですが、ここ最近通ってる病院にも

健康デーとして行ってきました。

 

とっても綺麗な病院で、

本のセレクトのセンスの良さが半端ない。

 

食・オシャレ・雑貨・おふざけ・旅・写真・・

 

「この方と絶対仲良くなれる・・」

会う前から感じる本棚なのでした。

 

飾ってる雑貨も可愛いし

備品も何もかも可愛い。

(ガウンはシビラだった)

なんだこの病院は‼みたいな。

 

受付から看護師のかた、お医者様も全ての方が

なんだかとっても優しくて

行くたびに癒されてしまうのです。

 

 

健やかで楽しい一日でした。

 

 

 

 

 

2018.02.16 Friday

仮面舞踏会。

 

 

 

 

 

 

         

 

 

 

 

 

フライデーナイト。

king君飲み会で居ないし、

お風呂上りに一人で白ワイン飲んでます。

 

人生初の試みです。苦笑

 

なぜなら・・・

昨日友達が貸してくれた【医者が教える食事術】って本に

『白ワインは痩せるから〜』って、書いてあったから。

 

先ずは、ワイングラスに五分の一位から。

 

感想は、「あら、意外と飲めそう・・」と、

既に酔いが回りつつあり

ポカポカしてきたので、これ書いたら早々に眠ろうっと。

 

あ、でも辛口の白ワインに限ると書いてます。

これが、辛いのか甘いのかわかりません。

 

 

************************

 

また偽モノ安メガネが増えました。

ゴールドの細フレームは、なんだか知的な私って感じで

お気に入り。

 

そう言えば、どうして伊達眼鏡っていうのかな?って

検索をしたら、

 

男の人は、眼鏡をかけると割り増しになるっちゅう事から

きているという様なことが、

逆に女の人は、器量を下げるみたいに言われてたのは昔の事。

 

友達にも眼鏡美人が多々おり、

 

五月女ケイ子著【淑女のエチケット】本には、

好きな人の前で、眼鏡を外すギャップ作戦で

容姿が並みの方もいつもの2.5倍美人に見せることが

出来ると指南してあります。

 

そして、伊達眼鏡には、

仮面をかぶると同じで、コンプレックスを隠す作用が

あるとのこと。

んで、周期的に流行るそうです。。

 

私、マスクは苦しいし蒸れるから

風邪の咳の時しかしないので

仮面的に付けるのは分からないのですが、

 

伊達眼鏡が、ちょっとラクと言うのは分かる気がします。

単にオシャレだからかけてるだけなんだけど。

 

 

*****************************

 

目に見える仮面やら伊達眼鏡などかけずとも

人は誰しも(多分)、色んな表情で

自己を守って生きているものでありましょう。

 

私は、昔から表情に出やすいので

反省する事が多かったように思います・・・が、

逆に他人の場合、表情に出る人の方が

分かり易くて信頼できそうに思ったり

 

あからさまに出してんじゃないよ、大人のくせに・・

などと、思ってしまう時もあるから勝手なものです。

 

後者の場合、自分のダメな部分が鏡の様に

見せられるかのようで、イヤになるからかも知れません。

 

 

******************************

 

 

今日は、久々に友人Tリン(当時眼鏡ボウズ)が言った一言を

フワッと思い出す日でした。

 

もう10年前位にもなるでしょうか・・

私が更に未熟者な上にパンク精神だった「嗚呼・・」な頃、

【偽善】を嫌う発言をしたことに対し、

 

「でも、この世から偽善がなくなったら

 どうなっちゃうんでしょう」

 

と、言ったんですよね。

 

かなりの衝撃を受け、

なんてこった‼と、

【ユリア杓子定規の改善】として、

一人反省会の議題として論じられた案件となりました。

 

偽であろうとなんだろうと【善】であり、

それは誰かにとってプラスに働くこととなるのなら

問題があるのだろうか。

 

なんとなくここで大事なポイントになるのは、

自分自身が「これは偽善なのかもしれない」と、

気づけるかどうかな気がする。

 

そういう私の本日の善行は、

 

【イオンの前に落ちていた手袋の片方を拾い

 杭の上に乗せて置いてみた。】だ。

 

これは、沢山の人が何気にしていることだと思う。

探している人が見つけやすいよう、

踏まれたら可哀想だから・・・などと。

 

しかし、本日の私の善行は偽善でもあったのは

 

先日【マツコの知らない世界】で

この「落ちた片方の手袋」の写真だけを撮り続けている人が登場。

 

そこにある、上記の様な人の温かみを語っていたのです。

 

なるほど、今日

落ちている一つの手袋を見て

単純に親切心で杭に掛けた私と

 

ちょっとネタとして、写メを撮りたくなった私が

存在していたという事。

 

「ああ、イヤだねぇ・・」と、思いながら

本当に嫌だと思っていたら

こんな風にブログに書いたりしないはずなので、

 

ああ、どうしてこんな風に

いつもいつも自分を客観視をしてしまうんだろう・・

だから、なんでも夢に出てきて浅い眠りになるのに

 

と、思いつつ

 

客観視をすることは

とても面白いことで、

己の知るには大切なことなのですよね。

 

 

 

 

 

 

 

2018.02.12 Monday

ロンドンパリ日記 3 パリへ移動

 

 

 

 

 

 

 

 

            ユーロスター

 

 

 

短いながらもロンドンに立ち寄れて

英国の空気感も味わえて良かったなと思います。

 

仲良しのアクセサリーデザイナーmikiさんが

ご主人とイギリスに移住をされたので

いつか一人で会いに行けるかも‼と、

道しるべにもなった気がします。

 

ロンドンをお昼頃に出発

【ユーロスター】という速い列車に乗って。

 

これもまた、J子さんに手配をして頂いて

向かい合わせのテーブル付きの快適なお席です。

 

 

 

         ユーロスター

 

 

 

列車で、テーブル付きって

なんだかワクワク遠足気分になりました。

ロンドンから市外へ進む車窓の風景は、

ひろい緑が続き、

どことなく北海道に雰囲気が似ている様に思いました。

 

15時頃、夕暮れ前にパリに到着。

 

ロンドンのシックな雰囲気から

やはりパリは、華やいだ雰囲気なんだなって感じました。

なんだろう、建物の感じや看板や色使いかな。。

 

タクシーで、今日から5泊する

アパルトマンへ移動。

サンジェルマンの街の中にあります。

 

 

 

 

             パリアパルトマン2

 

 

築300年(あれ?確か)というアパルトマン。

日本の300年前を想像すると気が遠くなりそう。

 

路地に面した入口は、平たんな壁なのに

扉を開けた途端中庭が拡がり

それをぐるりと囲んだつくりに驚きます。

秘密のシェルターのよう。

 

私達のお部屋は、3階。

この石段を登っていかなくてならず

重いトランクを上げ下げするのに一苦労でした。

 

でも、住んでる人達は、毎日上の方まで

上り下りしているんですよね。

便利に慣れた日本人にはとても・・です・・

慣れるってこわい・・外国に行くと度々感じることに

遭遇します。

 

 

 

              パリアパルトマン1

 

 

 

そして、平面な入口を入ると

これまた新たな空間が広がったお部屋。

 

素敵な笑顔でお迎えをして下さったムッシュと

1週間の契約を取り交わし中のJ子さんと先生。

 

本当に何から何までの

ツアーでは味わえない、できる人がいなければ

なかなかできない旅行でした。

 

 

          パリアパルトマン6

 

 

 

ゆったりと広いリビング。

 

木のぬくもりとトーンが

とっても落ち着くお部屋でしたでした。

 

 

 

 

 

           パリアパルトマン5

 

 

キャンドルなども

なんでも自由に利用できます。

 

 

 

 

           パリアパルトマン4

 

 

 

キッチンには、必要なもの殆どがあります。

 

近所のマーケットへ食材を買いに行き

パリで暮らすように・・・

夢の滞在を叶えて頂きました。

 

 

 

 

               パリアパルトマン3

 

 

昼と夜は外食なので

朝食は、アパルトマンで。

 

マーケットで必要なものをお買い物するのは

とっても楽しかったです。

 

ちょっとしたパンやハム、チーズ、

野菜もなんだか美味しいのです。

 

ロンドンの物価の後のせいか

1ユーロをつい100円で計算してしまい

なんでも安く感じてしまうせいか

マーケットでの買い物はリーズナブルな印象。

 

先生もJ子さんもお料理上手で手際も良いので

毎朝、ほぼ準備をして貰っちゃいました。

私は、並べる係り。。。

 

 

 

 

              パリアパルトマン7

 

 

 

ある日は、近所の素敵な洋菓子屋さんで

ケーキを買って来てお茶をしたりしました。

 

日本人のスタッフの女性がいて

「どこかでお会いしてませんか?」と、言われました。

もしかしたら、リップサービスかも(?)知れないけど

パリでそう言われるのは悪い気がしないものです。

 

 

 

 

              itarian

 

 

パリ一日目は、ロンドンからの移動と

アパルトマンでの整いを終え

近所を少しブラリとし

 

夜は、近くのイタリアンで食事をしました。

ロンドンでもパスタを食べたので

なんとなくイタリアンをセレクトしがち。

 

 

             itarian

 

 

mikiさんの旦那様の【bunideco】作品に

雰囲気が似たかっとボードが

飾られていました。

 

 

アパルトマンの周りには、マーケットも

ドラックストアも、美味しいチョコレートやさん

食事をするお店も沢山あって

とっても便利。

 

ここを拠点に5泊6日のパリ生活がスタートしました。

 

 

 

 

2018.02.08 Thursday

妄想が男子寄り。

 

 

 

 

 

 

 

 

                        

 

 

 

 

昨日のイタズラは波紋を呼び

でも、周りの人の優しいフォローもあり

結果オモローな出来事として思い出になりそうです。

 

 

オモローな話と言えば

king君が犬に齧られて帰宅。

 

ドラキュラの血吸うた後みたいな2つの穴を

初めて見ました‼

 

「きっと、びっくりしたんだと思う」

人間には厳しいのに犬への半端ない過保護。

こんなに犬を愛しているのに。爆笑

 

狂犬病とかなんとか病にならなければいいけど。

 

*****************************

 

来週はバレンタインですね。(heart)

 

サロン・ド・ショコラにお友達と行ってみました。

激混み状態ではなくて良かったです。

 

対面販売&試食をすすめられるのが

ホント苦手なので

(購入しない場合の試食)

 

チラ見→チラ見の移動で

どれを見ても「どこやらの御用達」と、

王室はどんだけチョコ食べとるんじゃ・・

みたいなほぼ全部が御用達で

選ぶ基準が分からない。

 

丸井→三越→大丸とヘロヘロに歩き

既に名前を覚えていないお店のチョコを購入しました。

(どっかの御用達)

 

ゴディバの社長が、「義理チョコやめちゃいなよ」

てな事を言ったとラジオで流れてたのを

ゴディバの前を通る時思い出しました。

 

義理チョコ。

 

OL時代に、女子社員から

おじさん上司の皆さんに小さいチョコを配り

大きなお返しを頂いていたのを思い出します。

 

なんだかんだで、おじさん達は

とても嬉しそうだったし、

下っ端の先輩が買い出しに行って選んでくれたお返しを

頂くのも嬉しいものだったので

義理と人情な思い出として刻まれています。

 

それにしても、時代は変わりつつあるので

バレンタインは、男子からの日になったらどうだろうと

思ったりして

 

でも、もし自分が学生だったとしたらを

妄想すると・・・・

 

一日中、そわそわしなくちゃならなくて、

 

登校時、下駄箱を確認

着席後、机の中にそっと手を入れて確認

放課後、用事もないのにダラダラ残り

帰宅後、渡しそびれた男子はいないかと

家の周りを一周・・・

 

お母さんに「ゆうちゃん、可愛そうに」と、思われる屈辱と

お父さんと弟に貰う義理チョコ・・・

 

耐えられそうもない‼と、

 

改めて男子の苦悩を思ったりしてみました。

可愛そう、男子。笑

 

ひどい日だな。バレンタインデー。

 

でも、余裕で貰える男子より

貰えない男子のエピソードの方が

一生つかえるネタになって素敵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

design : ハラダリョウ