ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.07.22 Saturday

ユリア静と動。

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

こんばんは!

 

し、消滅をしそうなブログですが

インスタの画像を簡単に取り入れる方法が分かったので

またちょこちょこアップできるようにしたいです。

(変わらず見に寄ってくれてる方、ありがとう。。)

 

この間、小樽で見つけた

濃いピンクの薔薇の群生。

全く手を加えず勝手に広がった感じなのですが、

息をのむ・・美しさでした。

 

7月も残り1週間となりましたが、

北海道は、いきなり夏が来て連日の猛暑・・

が、なんだか秋の風・・

でもまた暑くなってきて・・

今日は、早すぎるだろ・・なトンボを見かけました。

 

 

                     

 

 

 

【つりしのぶ】と言う、可愛らしい盆栽を

草つ月さんというとっても素敵なアトリエの先生の

ワークショップで作ってきました。

 

6月末のことなのですが、

毎日、コケとしのぶ(葉っぱ)の様子を

心配しながら育てています。

 

それにしても盆栽つくりは、

とても心の落ち着く心地よい時間でした。

先生もまったくそういう雰囲気の方で。

 

まぁるい緑が、ぶら下がっている光景は

静かで涼し気で、良いものでございます。

 

 

 

 

                        g1

 

 

 

そんな静を愛する私と

アツい動を好む私の夏のフェスと言えば

G1クライマックスに今年も行って参りました。

 

うぐぐ・・・写真の構図から分かりますように

来年は、奮発をして良い席に座るぞ!と、誓いました。

 

何度か言ってると思うけど、

3マッチ(3人対3人)と言うのは、

中学の時の男子の休み時間を見ている様です。

 

キラキラ登場した棚橋選手は、

腕を痛くしていたみたいで、黒いサポーターをしていて

(なぜ、弱点を晒してしまうのか謎なのですが)

その腕を集中攻撃されて

「キー、ずっちぃ!」なのですが、そういうものなので

★のスタートとなってしまいました。

 

 

 

 

 

                         g1

 

 

 

 

 

DDT所属だった、ゴールデン☆スター飯伏幸太選手。

(新日との両所属だったのが、現在はフリー)

 

4度かな?観に行きましたが、飯伏選手は来ていなかったので

ようやく初めて生の試合を観ることが叶いました。

 

イケメンとしても有名ですが、

身のこなし、技も華麗でホントカッコよかったです。

 

押し選手がやっと見つかりました!

(結局、イケメンかってのもありますが)

 

G1クライマックス 札幌開幕でのラストマッチ、

お相手は、制御不能なカリスマ 内藤哲也選手。

 

どちらも同じくらいのダメージを受けまくりの

激しい試合でしたが、最後の最後に

内藤の底ヂカラでねじ伏せられてしまいました。

内藤、強かったです!

 

「いぶしー、いぶしー」の拍手とコールを

「内藤ー、内藤―」コールでかき消そうとする

観客も二手に分かれてコールで参戦・・・

 

アツく燃え滾るものがありますが、

私は未だコールをするまで至っておらず

(声小さいわ通らないわ、黄色い声になってしまうのがイヤ)

 

前の席の男性の野太い声での「いぶしー!」を

心の底から羨ましく、プロレスの日だけ男になれたらいいのにと

思いながら帰りました。

 

 

 

 

2017.07.04 Tuesday

ご案内。

 

 

 

 

 

 

 

                                         yuria

 

 

 

 

 

blogの更新がめっきり少なくなってしまいましたが

(見にいらして下さってる皆さん・・ありがとうございます。泣)

 

instaglamの方は更新続けております。

(写真が綺麗なのと、楽ちんなので・・)

 

良かったらご覧くださいませ!

 

 

 

https://www.instagram.com/kato.yuria/

 

 

 

 

 


 

2017.06.25 Sunday

私のかわいい〜ほにゃらら〜

 

 

 

 

 

 

 

 

            かとうゆりあ
 

 

 

6月14日発行のontona(オントナ)

(北海道新聞の水曜日夕刊に一緒に届く情報誌)に

掲載をして頂きました。

 

大人だってかわいいが好き

という特集で、色んな人の【かわいい】が

紹介されています。

 

仲良しの【雑貨店feve】の菜穂さんと

お店のスペースを貸して頂いて

一緒に取材&撮影をして貰いました。

 

2人とも写真も取材とかも

あんまり得意ではないタイプなので

ヘンな汗をかきながら頑張りました。

 

菜穂さんは、お店のカワイイ商品と

ヘンテコなものへの愛を語り・・

 

 

            オントナ」

 

 

 

私は、手芸の材料への愛を語りました。

 

(写真の色がグッと悪くて見づらくてスミマセン・・)

 

そもそも日本人の【KAWAII】の基準は多岐にわたり

それを説明するのも難儀なものです。

 

私の叔母が道路を飛んでいるビニール袋を

「かわいい・・」と、呟いた様に・・。

 

でも、私にはわかります。そのかわいさが。

同じDNAを感じたエピソードの一つです。

 

 

 

 

            かとうゆりあ

 

 

 

載せて貰ったコ達です。

 

自分で並べながら「嗚呼・・カワイイ」と、

目を細めていた次第です。

 

こちらの【ハコイリ娘】ちゃん、

仲良くして頂いているお客様のお家へ

お嫁入りをしました。

 

名前は【クロエちゃん】と命名されました。

すてき。

 

後ほど、お迎えして貰ったお家での

クロエちゃんの様子をご紹介いたします。

 

 

 

 

            かとうゆりあ

 

 

大切にしている材料の一部です。

 

眺めているだけではなく

作品作りにもチョビチョビ使っております。

 

やはり材料は、使って輝ものですからね。

 

多分もうなかなか出会う事ができない

キラキラの入った別珍のリボンや

ヴィンテージのボタン・・・

 

写真に収めておけて良かった。

 

 

 

 

2017.06.25 Sunday

シルクハットのうさぎさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                              かとうゆりあ

 

 

 

 

 

HPでの過去作品のおにんぎょうをご覧頂いて

オーダーを頂いたうさぎさんです。

 

キャンディみたいな

カラフルで賑やかな色合わせ。

 

シルクハットを・・とのご希望に

黒よりもグレーが似合いそうなので

厚手のフェルトで作ってみました。

 

 

 

 

 

                                        かとうゆりあ

 

 

 

いろいろな大きさの水玉。

 

 

 

 

 

                              かとうゆりあ

 

 

 

シャンデリアちゃんが

お直しの為に里帰りをしていました。

 

頭が重いので、スカートのチュールを増やして

シャンとして帰っていきましたよ。

 

右のシャンデリアちゃんは

2012年生まれの初代のこ。

TOKYUでの展示会の時に誕生しました。

 

5年前・・・

8818881はやいはやーい。

(タクシーの電話番号)

 

お直しなどどうぞお気軽に―。

 

 

 

 

 

 

2017.06.12 Monday

憧れの寮生活→荘暮らし。

 

 

 

 

 

 

 

          

      hiyoltuko

 

 

 

ひよっこ。

 

毎朝楽しみすぎて、リアルタイムで見るのが勿体ないので

録画をしてじっくり見ているのです。

 

茨城から東京さ来て、入居をした【乙女寮】

 

意地悪な女子が一人もいない職場と寮。

優しくて可愛らしい舎監さんの愛子さん。(大好き)

なんだかとても印象的だった工場長。

(「ご安全に〜」の品の良さったら・・)

 

夢の様な寮生活が終わってしまい

涙涙だったのもつかの間

 

次なるステージもこれまた

長年の私の憧れ【荘生活】。

 

 

 

 

 

 

        
        一刻館一刻館​v一刻館

 

 

 

 

【荘生活】への憧れの原点・・

それは、【めぞん一刻】他なりません。

 

検索をしてたら、こんな立体模型を見つけました。

犬の惣一郎さんまで。。

 

嗚呼、また一巻から読み返したくなりました。

 

一つ屋根の下で、家族以外の人と

微妙な距離を持って暮らすことへの憧れ。。

 

みね子が住むことになった【あかね荘】も

漫画家や年齢不詳のOL

(シシドカフカ、おでこ出したら誰か分かんないーって

 栗原千明とおんなじ系〜)

慶応ボーイの御曹司

(早大男子の苦学生の方がいい〜)

 

そして、管理人さんは元芸者〜

 

ああ、脚本考えるのよだれが出るほど楽しそう〜。

 

 

 

 

 

           めぞん

 

 

 

男のロマン

男じゃないけど分かる男のロマン、響子さん。

 

1986年に映画化、2007年にドラマ化をされていて

調べてたら、ドラマの脚本は、岡田恵和氏だった!

 

すごくキャストがいいんですよね。

でもでも・・やっぱり響子さんへの思い入れが強すぎて

物足りない。(胸も足りなかった)

 

もしも2017年にまた実写化をされるとしたら・・

キャストを考えて遊びたい!

 

 

かつての私の妄想の【こまどり荘】の住人・・

そしてなぜだか実在したK君、

ひよっこ見てる?

キャスト一緒に考える遊びしたいでなー。

 

 

 

 

 

 

design : ハラダリョウ