ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2018.04.18 Wednesday

だ〜れも悪くない

 

 

 

 

 

 

 

 

               daremo

 

 

 

 

 

 

様々な偉人の名言ってものがございまして、

「おや」と、思うたびに心に止める様にしいるのですが、

案外忘れてしまうもので

 

と言うか、私の記憶力では

殆どのことを止めて置くのが難しい。

 

唯一なんとなく思い出すのが

「だって、・・・だもの」ですが、

あんまり頭がよくない割に(よくないから)

「全然理由になってないし、理解できない」と、思ってしまい

そもそも理解などしようとする姿勢が恐らく間違っているのだと

そこまでは何となくわかってはいるのです。

 

そんな私にも絶対に忘れない名言が。

 

何気に見ていたお笑い番組で

芸人、佐久間一行の

【だ〜れも悪くない】というフリップネタを拝見し

 

なんか「うぉぉぉぉぉーウォーター」みたいな

ヘレンが水を感じた瞬間の様に打たれたワケです。

あの【ガラスの仮面】の名シーンの様に。

(一緒にしてスミマセン)

 

ネタをご存じない方の為に

 

例えばですね、

子供たちが海辺で棒倒しをしているのですが

最後まで山を崩しても、棒は倒れなかったんです。

なぜなら、棒を深く差し過ぎたから・・・

 

でも、恐らく1回目にやったとき

棒が浅くてすぐに倒れてしまったゆえに

深くさしたのでありましょう・・・と、

 

「だ〜れも悪くない」ってな

 

心底優しいネタなんですよ。

 

***********************

 

そう思いますと、世の中の多くの色々ごにゃごにゃには

双方にのっぴきならない事情や

ちょっとしたすれ違い、勘違いなんやかんやで

 

結局「だ〜れも悪くない」んじゃないかなと。

 

私なんか、割と「ああ、自分が悪かったんじゃないかな」と

反省をしがちな人生だったわけなんですが

若い頃に比べたらかなり一人反省会しなくなりましたが。

(逆に、どうしてああいう言い方をするかねと、

 相手を批評する場合もあり→でも最後に自己反省に戻る)

 

そうか、私も悪くはない、理由があったからと思ったら

物凄くラクになるんじゃだろうか!今世の余生は!

 

などと思った次第です。

 

****************************

 

早速、とある100円ショップで

 

小さいおばあちゃんが、店員さんに売り場を聞いていたのですが

店員さんは、「●●のコーナーにあります」としか言わず

 

小さいおばあちゃんは「ああ、そうですか」と、

●●売り場を探しに行ったんですよ。

 

私が遭遇したことのある色んなお店の店員さんの多くは

「ご案内します」と、わざわざ案内をして下さる事が多く

「あああ。大丈夫です!ありがとうございます!」と、

ご親切に礼をして終わっていたのですが、

 

この小さいおばあちゃんを適当にあしらった事に

「うううううーーーーむ、どうかねそれ」と、思ってしまい

 

喉の6分目位まで「お年寄りに不親切では」と、言いに行きそうに

なってしまったのですが、

単に自分がスッキリしたいだけのクレームかも知れないし

グッと堪えて帰宅をした訳です。

 

私が案内をしてあげればよかったのですが、

●●の部分が聞き取れなく

なんですか?と、いきなり聞くわけにも行かず。。

 

 

リュックを背負った小さいおばあちゃんが

直ぐに「そうですか」と、自分で探しに行った後姿に

なんかちょっとグッときてしまって。

 

小うるさい面倒な客には、恐らくそんな対応は

しないはずなんですよね。

 

そんな時に「だ〜れも悪くない」を思い出しました。

 

店員さんも次々に減って行く商品の

棚卸を途中途中でお邪魔が入りすすまない訳です。

(私が見たい商品の辺りに居たのですが、あまり避けてくれなかった)

 

案内表も作っているのにお客さんは

自分で探さず直ぐに聞いてくるし。

息子の塾のお金もなんだかかかるし

ああ、今日の夕飯はなににしよう。

なんか最近ちょっと体調も優れないわ・・・

 

てな具合に、店員さんには店員さんのワケがあったのかも知れません。

 

私の方でも「おばあちゃん」が「小さい」

「リュックを背負っている」という点で、既に偏りがあり

 

おばあちゃんは、案外大して困ってもいないのかも知れないのです。

 

*******************************

 

 

こんな感じで、私は日々自分以外の全く関係のないところで

勝手に喜怒哀楽を起こして

それは、面白い事でもあるのですが

たまに神経を摩耗しするもので

 

そういう事ばっかりしてるから

自分自身のことで失敗が多いのでありましょう。

 

 

「だ〜れも悪くない」

 

「ゆりあも悪くない」

 

 

なんか、救われるわーーーーーーーーーーーーーーーーー。

 

 

ありがとう!佐久間一行‼(呼び捨て)

 

 

 

 

2018.04.16 Monday

丸井展示会の様子。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      

 

 

 

丸井今井札幌店にて17日まで開催の

LYMOUSETさんの展示会の様子をご案内♪

 

 

 

 

 

                     

 

 

 

 

【ハコイリ娘】に次いで、

【ハコイリ白金魚】ちゃんブローチです。

 

ヴィンテージレースとモール

フワフワの羽根の尾びれをつけた

小さな白金魚ちゃん。

 

胸元でゆらゆらと揺れる感じが

優雅な金魚をイメージしました。

 

 

 

 

 

 

                  

 

 

                    

 

 

 

鮮やかなカラーの【おさかなチャーム】。

 

パリでみつけたコーディユロイ生地。

美しい発色が目を引きます。

 

こちらもヴィンテージレースでおめかし。

オーガンジーやリボンのフリルで

スイスイ泳ぎそう〜。

 

すっかりお魚づいていたのですが、

いつも行く銭湯にミニ水族館コーナーがあって

色んな珍しい熱帯魚やウーパールーパー

イモリやカエルがいるんですよ。

 

なんか延々と眺めていられそう。。

 

ウーパールーパーは、マンガみたいな

可愛いお顔なのですが、

スマホのカメラ(ライト無)を向けると

「プィ」と、してしまうんです。

 

ウーパーには、「イヤイヤ」って不機嫌な

気持ちがあるのだと分かり

ますます可愛く愛でています。

 

 

 

 

 

                                  かとうゆりあ

 

 

ネコちゃんブローチは、

ゴールドとシルバーが織られた素敵なリネン生地で。

 

いつもよりちょっと大人っぽく仕上げてみましたよ。

 

頭の模様がエレガント。

 

 

 

 

 

                                 かとうゆりあ

 

 

 

タヌキの3兄弟は、ブローチとチャームの2ウェイ使用。

 

色がうまく出ず残念なのですが、

こちらも美しいブルーとグリーンのベルベット生地。

 

 

 

 

 

 

 

                       

 

 

先日の仕入れ旅で見つけた

目玉刺しゅうのリボンの用途を考えていたのですが、

こんな感じで、ヘアゴムにしてみました。

 

20世紀少年の【トモダチ】を思い出して

ブルブルっとなりそうですが

私は、ハットリくんのお面の方が怖かったんですよね。

 

 

それにしも、目玉って、コンビより

ピンになると際立つものですね。

 

ピンで際立つと言えば、昔のアイドルを

想像してしまいます。

私の中の最後のアイドルは、【あやや】で

時は止まっている気がします。

 

またピンのスーパーアイドルが誕生する日が来たら

いいなーと思います。

 

なんのこっちゃでスミマセン。

 

 

 

 

 

 

                      

 

 

 

こちらは、カフスタイプ。

 

ギョギョギョ―って感じですが、

シャーベットカラーの別珍に

レースを重ね、つけてみるとエレガントでは!

と、思ったりして。

 

シックな装いやシンプルな日のお手元に

ハズシのアイテムとして楽しんで頂けたけたらと思います。

 

 

今回、LYMOUSETさんのお誘いで

ファッション小物での参加をさせて頂き

百貨店で並べられるとはで光栄なイベントでした。

 

これからも、こちらの分野でも

またやってみたいなと思います!

もっと沢山、色んなものを作りたいです。

 

 

 

 

 

2018.04.08 Sunday

新作が並びます。

 

 

 

 

 

 

 

                                  展示会

 

 

 

 

  LYMOUSET

 

jewelry and accsessory

 

2018年4月11日(水)−17(火)

丸井今井札幌一条館アクセサリー

*ジュンク堂側

 

 

 

LYMOUSET(リムセ)さんの展示会に

参加させて頂きます。

今回は、ブローチやチャーム、カフスなど

小物が並びます。

 

数量限定の即売会で

数も少ないので、お時間が合いましたら。

 

 

私は、初日11日のオープンから14時まで

在店致します。

 

 

 

 

          

 

 

 

 

新作の【白金魚ちゃん】ブローチです。

 

ヴィンテージレースとモールの尾びれ、

パリで見つけたフワフワの羽根を付け

おめかしした金魚ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

2018.04.02 Monday

エイプリル2018

 

 

 

 

 

 

       

 

 

 

大好きな4月。

なんとなく自分の中で2度目のお正月みたいな

リスタートできる月。

 

雪が無くなって、ホコリなどで道は汚いのだけど

第一走者のクロッカスが咲いてて

「いよっ!今年も一番で」と、心の中で声をかけてみました。

 

 

映画の日の1日は、夜に【シェイプ・オブ・ウォーター】を

観に行きました。

日曜の夜、カップルが多い中、最後列真ん中辺りは

私を含め単独女子が4名ほど並び鑑賞。

 

 

言葉を発することが出来ない女性、イライザと

生体実験として捉えらた、半魚人の

様々なものを超えた愛の物語です。

 

アマゾンで神として崇拝されていたという半魚人の彼は、

彼女の手話を理解し、心を通わせていくのです。

 

初めて出逢い、一瞬で何かを感じるシーンが

すごく好きでした。

 

美しい色彩と美術、そして音楽・・全てがとっても素敵で。

 

恋をしたイライザの身をまとう小物や靴が

赤い色になっていくのも印象的。

半魚人の彼に流れる赤い血もまた通うものは同じである事を。

 

2人を取り巻く環境は、複雑で困難を極めるもので

ドキドキハラハラしながら、そしてウットリ・・と、

色んな感情を波立たされる映画でした。

 

 

素敵な映画からスタートの4月。

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::

 

 

一目で感じる「この人好きかも」みたいな気持ちが

すごく好きなんです。

この直感だけは、信じています。

 

異性への一目惚れもそうなのですが、

異性同性関係なくのそれが。

 

大体、そういう時はお相手もその様に感じてるから

ほわとした気持ちになるのだと思います。

 

昔、とある場所で紹介された人が瞬間に

目をくるくると輝かせて笑顔で挨拶をしてくれた事があって、

 

とてもお洒落で素敵な女の子で

 

私達は、好きな事や好きな世界がとても似ていて

でも似ている様で、真逆な部分が次第に邪魔をして

いつの間にかもう会わない人になってしまった。

 

それでも不思議とふと彼女の情報が

物凄くたまに私の元へ届いたりするのです。

 

絶対に本当のことしか言わない彼女は、

それゆえに周囲を混乱させる部分もあったし

傷ついたこともあったのですが、

 

私に言ってくれた言葉は

とても素敵な言葉ばかりで、

10年経っても宝物の一つのままになっているのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.03.30 Friday

エスパーと元〇〇。

 

 

 

 

 

 

 

 

               

             

 

 

 

あんまり話すのが得意ではない分

文章にすると上手く伝えることができる気がして

先日、お別れする(その後は友人として)人に

お手紙を書いたのですが、

 

素敵な文章。ぐんぐん引き込まれて読みましたと、

言って貰えたのが、最近とても嬉しかったことです。

 

それと、かれこれ長い付き合いになるお友達が

おススメをしてくれた【エスパー魔美】を全巻買ってみて

毎晩少しずつ読んでいます。

 

とっても面白くて引き込まれそうになっているのですが、

どうして私も好きかと思ってくれたかを思うと

なんだか嬉しい気持ちも重なり

エスパータイムが、素敵な時間になっています。

 

なんだか直感とか不思議なチカラと言う

根拠の無いモノを信じなくなってきている私に

魔美ちゃんが何か教えてくれるかも知れません。

 

とか言って、ちょっと前に

仲直りのおまじないをしていたのを忘れてました。

 

ぎゃぁ、イカレテル‼

 

 

 

              

 

 

前にも書いたかもですが、

毎朝近所で見かける中学生達は

みんな良さげなカバンに

いいスニーカーにいい上着・・と、

 

【ワル感】のある子供が全く居ない事に

逆にこのなかに【ワル】がいたら超怖い・・と、思ったり

いや、【ワル】自体が絶滅したのかも知れないと思ったり。

 

 

見た目に分かり易い【ワル感】の子は

私の代では絶滅寸前、弟の頃には全く見受けられなかったこのを

思い出し、ヤ〇キーは絶滅したのだと思っているのです。

が、いるところにはその後もいたのかも知れません。

 

学生の頃、バイト先のパン屋さんにも本屋さんにも

元ヤ〇の年上女性が何故だか2人ずついて

揃って髪質が細くキレイだったので、

【ヤ〇キーは、髪がキレイ説】がインプットされています。

いや、基本的にお顔もキレイな人が多かったのかも知れません。

 

元ヤ〇の方と言うのは、やはりどことなく

それらしい雰囲気を残しており、

咄嗟に感じ取っては、緊張感が走りそうですが

 

なんか好きだなって感じの人も居たりします。

きっとその人は、下っ端のチンピラじゃなくて

上の方の姉御的な人だったんじゃないかなって思います。

(すごい偏見)

 

そんな、部活しかしてなかった

少女漫画の主人公にマジ恋していたみたいな私が

先日、職場にて話の流れで

「元ヤンですから」と、嘘を付いてしまいました。

 

なんか、「違いますよ」なんて言うのも無粋なのかなとか

咄嗟に付いた冗談のつもりの嘘です。

 

それを、同僚の方に話したら

「ゆりあさんが元ヤ〇だったら、超怖いです」と、言われ

 

やっぱり、怖そうなのかな・・私・・と、思ったら

逆の意味で、今こんななのに元ヤ〇だったら戦慄が走るって意味での

怖いという事でした。

 

同じく同僚のあのおっとりMさんが、元ヤ〇だったら・・

想像するだけでショッキングで眠れなくなりそうです。

 

そんなつまらない超怖い嘘を付いた私。

 

中学の途中で転校する時、クラスのみんなに貰ったサイン帳に

何人もの男子が「不良にならないで」と、書いてあったことを

思い出しました。

どういうアレで、そんなことを書くのか謎ですが

お言葉通り、不良にならなかった私は、

 

今になって、不良だったと嘘を付くことになるとは。

 

信じてるかどうかわかんないけど。

 

 

 

 

 

 

 

design : ハラダリョウ